« 過去のひと | トップページ | ひとり »

悪口

人が自分の悪口を言ってるのを聞くのは、やっぱり気分が良くないものだ。

当たり前なんだけど。

でも、完全にあたしが悪いってわかってるからムカつきはしない。

当然のこと。

あたしが寝てるうちに愚痴っぽく悪口言われても、寝たふりしかできないよ。

嫌われてる訳じゃないみたいだから、それは良かったけどね。

良いところも言ってくれてたし。

でも、やっぱりこのもやもやは、どうしようもないみたい。

あたしが悪いんだ。

自然に起きなきゃ。

薄っぺらい壁を恨むのか、感謝すべきか。

とにかく、悩みが増えた。

成長するチャンスも増えたって思ってもいいよね?

だから、ありがとう。

友達と薄っぺらい壁に。

よし!ちょっと気持ちが落ち着いた。

これから元気に起きます!

|

« 過去のひと | トップページ | ひとり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去のひと | トップページ | ひとり »