« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

おばかさん

夢は現実じゃないから夢なんだと思う。

現実になった時点で、それは夢とは呼べないんだ。

夢だったとは言えるけどね。

それは、とてもとても幸せなことで。

もしかしたら、あたしには一生無理なんじゃないかって思った。

夢見れる時間にどんどんタイムアップが近づいていて、現実でもがくほどに、夢は大きく圧し掛かってくる。

いっそなければ楽だったのに、とか思っちゃうほど。

優柔不断は知ってたけどさ、こんなに弱いなんて知らなかった。

迷って迷って、辿りつくのは、なんなんだろ。

悩んでる友達を見てふと思ったのは、あたしは自らひとりになってるって事。

弱音を吐く友達は、「ひとりじゃないよ」って言ってもらって、本当にひとりじゃないんだって感じられて元気になると思う。

弱音を吐かないあたしは、「強いね」って言われて大丈夫って強がって、弱さもわかって欲しいくせに指摘されると全力で否定して。

どっちなんだ、本当に。

自分自身が意味不明すぎて、もうわけわからん。

せめて、病んでることをmixiとかに書けるくらいにはなれれば楽なのに。

ただ、次の日に友達に「どうしたー?」って言われるのが嫌でどうしても、無理。

意地っ張りはいつになったら治るのでしょう。

最近、笑ってるのに疲れてひとりになりたがる癖が出てきてる。

あと、悩み相談とか病んでる感じとかは出さないくせに、機嫌の悪さは出してしまってるらしく、超感じ悪い人になってる。

まぁ、ほっとけば元に戻るから良いらしいんだけど。

もう、夢を捨てて今のぬるい空間から抜け出す勇気があれば、現実に悩まなくていいのに。

心地良い、とか、楽しい、とか

捨ててしまえるほど強くない。

誰かにすがって泣くほど弱くはないけど

ひとりきりでも大丈夫と胸を張って言えるほど強くない。

どうしたもんかね。

思いきり子供みたいに、泣き喚ける場所が欲しい。

どこかにあるんだろうか。

探そうともしないあたしには、そんな場所は一生現れないんじゃないか。

じゃあ、探せよ。って話ですよね。

そんなに素直にはなれないのです。

馬鹿だよなぁ、ほんと。

精神年齢15歳くらいって言われるのも納得だ。

むしろ15歳に失礼だろってくらい。

大人の階段のぼらなあかんな。

| | コメント (11)

ひとり

人の縁というか、繋がりってなんなんだろ?

たとえば、家族なら。

絶対(じゃないかもしれないけど)どんなにわがまま言っても離れていったりはしないと、思う。

でも、友達なら。

別に特別わがままを言ったりしたつもりはないけど、ちょっとしたことでぎくしゃくしちゃう。

要するに、価値観の違い?性格の違いかな。

人によって許せる部分が違うから難しいよね。

しかも、あたしは極度のめんどくさがりなので。

そんなこと(とあたしは思う)で、ひどい事言われたりしたら、なんかもぅいいやぁーって、なっちゃうわけですよ。

まぁ、悪いのはあたしなんだけど。

向こうも言いすぎたって謝ってくれたけど、その人は、一回信用できなくなるような事をした人はもう本当には信用できなくなるって事、あたしは良く知ってるから。

上辺だけの友達になっちゃうかな。

まぁ、いいや。ちょっと寂しいけど。

そして、思わせぶりな態度をとる男友達がいるんですが、なんなんでしょ、アレ。

でも、彼女できたらしいって話を聞いたんだけど?

どっちやねん。

人ってよくわかんない。

そんなあたしもよくわからん。

馬鹿でごめんなさい。

もう、なんか最近いっぱいいっぱいだ。

このブログは本当に病みたい放題やなぁ。

見る人おらんのも、気楽です。笑

六星占術による土星人の運命〈平成20年版〉 (ワニ文庫 J- 51) 六星占術による土星人の運命〈平成20年版〉 (ワニ文庫 J- 51)

著者:細木 数子
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

六星占術による金星人の運命〈平成20年版〉 (ワニ文庫 J- 52) Book 六星占術による金星人の運命〈平成20年版〉 (ワニ文庫 J- 52)

著者:細木数子
販売元:ベストセラーズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »