« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

『恋空』

いっぱい泣いた。

こんなに泣いたのいつぶりだろってくらい、泣いた。 

・・・・・・ケータイ小説「恋空」で!!

まだ読み終わってないけど!!!

たぶん、まだ半分くらいしか読んでないけど!!!

すっげー泣けた!!!

今日の昼すぎくらいにテレビで「恋空」の映画の宣伝番組みたいなのをやってて、それで魔法のiらんどのケータイ小説で、しかも実話で、94%くらいの人が泣いた!!みたいに言ってたから、「ちょっと読んでみるかー、暇だしー。」くらいの感じで見てみたら、泣ける泣ける!!!!

最初のね、出だしの辺りは、高校生がメール気分で書いた感じっぽくて「こんなもんかー。」と思ったんだけど。

ど!!!!

途中から、時間忘れて読んでた!!!

この活字睡眠症候群(笑)のあたしが!!!

ティッシュ何枚も机の上に溜まりましたよ!!!

号泣。

しかも、たぶんちょっと変な所で泣いてた。

つらい出来事が起こった後くらいで、いつも泣く。

妊娠、流産の辺りは、もうどうしよってくらい泣いたし。

待って。あたし妊娠した事ないけど!?と思いつつ、つらさが入ってきて。

友達の優しさとか、主人公の美嘉は愛されてるんだなぁ、とか。

確かに、最近ドラマとか見ててすぐ泣くし、涙腺弱くなってるなぁーとは思ってたけど、こんな泣くと思わなかった。

今何故読むのを中断してるかというと、このまま読み続けると、たぶん朝まで読み続けてしまうので、きりのいい所で「また明日ー」ってしたのです。

明日、学校だしね。

「恋空」読んでたら、友達の大切さとかもわかった。

めんどくさいと思う所もいっぱいあるんだけど、救われる所もいっぱいいっぱいある筈だから。

本も買ってしまおうか。

でも、読んだらいらないよなぁ、とも思ったり。

あたしも、あんなに人を好きになれるかなぁ。

今までは、なかった。

好きな人はもちろんいたけど、そこまで執着はしたことない。

別れても、いつまでも心に残るくらい、好きな人。

妊娠して、この人の子供なら産みたい!と思えるくらい、好きな人。

今のあたしには、無理だぁ。。。

でもこれ、この美嘉さんが高校生の時の話じゃん。

あたしってつくづく、子供なんだなぁ。

強がりと言いつつも、いつも素直で羨ましかったり。

これだけ人に愛されることが羨ましかったり。

羨ましいばっかりじゃん。笑

つらいことは、確かにいっぱいあると思うけど、その時にいつでも誰かが近くにいて、支えてくれているから、この美嘉さんは乗り越えてこれたんじゃないかなぁ。と思うのです。

羨ましい。

あたしの周りにもいるのかな。

いたらいいな。笑

あー、続き読みたいー!!!!

我慢だ。

学校行けなくなる。。

でも、久々に大泣き出来て、すっきりした!!!!!

ありがとう!!!

恋空〈上〉―切ナイ恋物語 Book 恋空〈上〉―切ナイ恋物語

著者:美嘉
販売元:スターツ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

恋空〈下〉―切ナイ恋物語 Book 恋空〈下〉―切ナイ恋物語

著者:美嘉
販売元:スターツ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ねばーぎぶあっぷ

誰か、あたしをどん底に突き落として。

悩んで悩んで悩みまくるくらい。

考えて考えて考えて答えをだすから。

そしたら、すっきりする気がする。

ずるいかな。

あたしは、諦めるのが早すぎる。

「まぁいっか」って好きではあるけど、考えナシってことでもあるから。

楽天的は良い所だよ。

それは認めるけど、いつまでもすっきりしない感じが残る。

ふって気が付いたら電車の中とか授業中とか家にいるとき、友達といるときも、心にぽかってブラックホールができる。

原因不明。突発的。

対処法:忘れる。又は時間が過ぎるのを待つ。対処法を考える。

なんだろう。

今日は帰りの電車の中で、ブラックホール出現。

あ、でも学校でも軽くやる気のなさってゆうか、もやもや感はあったけど。

自分のこの感じを人のせいにしながら電車に揺られてた。

最低。

友達はみんな、繊細だったり傷つきやすかったりちょっとした言葉で考えすぎたり悩んだり。

そんな人達にありのままで相談とか出来なくない!?

って逆ギレ。

あたしがいろいろ言ってしまったら、あの子だったら悩んじゃうな、とか。

あいつはおせっかいだし人に言ってしまいそうだな、とか。

あの人はたぶんあたしの事嫌いになるだろうな、とか。

考えすぎて傷ついちゃうな、とか。

逆にあたしのことを心配しすぎて、向こうが病んじゃうな、とか。

だから、あたしよりも神経太くて、信頼できて、話しやすくて、精神的に強くて、なるべく誰も知らないような友達が欲しい。

なんて。

電車の中20分くらいで、何考えてんだ、あたし。

今いる友達に対して、失礼にも程がある。

誰にも本音を言えないのは、話せる人がいないからじゃなくて、あたしが臆病なだけなのにね。

昔から、あたしは「(精神的に)強いよね」って言われてきて。

言われる度に、自分でもあたしは強いんだって思ってて。

高校の時に初めて、あたし実は弱いんだって思って。

それに気づけたから、本当に強くなれるって思ってた。

でも、そうじゃなくて。

気づくだけじゃ駄目で、それからが大事だったのに。

忘れちゃうんだ。

「強いね」って言われる度に。

本当は弱いあたしのことを。

だから、上で「臆病」って言葉を自分に使うのもすごく嫌だった。

緊張したし、ちょっと泣きそうだった。

でも、そうだし。

いい加減、本当に心の底から、自分の弱さを認めなきゃ。

そして、本当に強くなるんだ。

強くなる努力をしなきゃ。

長々と、何を書いてるんだか^^;

完全にひとりごとだけど、あたしには必要で重要なひとりごとでした。

| | コメント (0)

あいらいくらぶ

嫌い、とか。

好き、とか。

どっからどこまでか、とか。

結局なんなんだ、とか。

例えば今日までの好きが、明日には嫌いになってたり。

昨日までの嫌いは、今この瞬間から好きだったり。

頭で考える好きや、心で感じる嫌いや、そんなん全部境界線はどこにもなくて。

黒い服が好き。

でもこのデザインは嫌い。

もしかしたら一年後には大好きかもしれないのにね。

結局、そんな気にすることないのかな。

でもやっぱり好かれたいよ。

好きがいい。

嫌いはいやだ。

だからあんまりあたし自身も嫌いを作らないように。

人に対しては特に。

でもやっぱりあるよね、好き嫌い。

いやな人間になりたくないから、抑えてなきゃとか思うけど、無理なときは無理だ。

開き直ってみた。笑

大事だよー、開き直りって。

全然楽になる。

知らないふりとかが得意技なあたしも、開き直りって大事。

逃げると駄目なのよー。

人のふり見て我がふり直せ。

はっきり言えよ、小学生じゃないんだから。

大人になったからこそ、怖いのかな。

どうなんだろ。

繊細すぎる人の気持ちはようわからん。

ある友達へ。

もっとアホになれ!!笑

| | コメント (0)

のど飴

うへぇ

あかんなぁ

風邪ひいたーと思ったら、喉にご注意。

すんげー痛い。。

なんやろね、これ。

早くセールの時期になんないかなぁ。

服欲しいけど、お金ないんさ。

「まりもっこり」ってどこがかわいいの??

いまいちかわいさがわからん。。。。

そして、悩みって何か分かんなくなってきた。

悩みすぎて人前で泣き崩れることはないけど、あたしは悩んでると思ってたし。

でも、どうしようもなくなったときに、人は、理性とかと関係なく泣いたり喚いたりしてしまうものなのかなぁ。

あたしは理性が強いのか。

まだそこまで病んでないのか。

両方だよな。たぶん。

本能に従う癖があって、割と直感で生きてると思うんだけど、それだと駄目だとか思ったりもして、でもそんな自分も結構気に入ってるところもあって。

だから、自分のことが一番よくわかんない。

人のことはね、相談されたりとかしたら、つらさや悩みを想像できるけど。

自分のことは誰も教えてくれないもんね。

いや、言ってくれる人は時々いるけど、それが本当かは結局自分にしかわかんないし。

でも、考えナシなのはわかるかな。

言われて初めて気づくことや、人の態度とか見て勝手に考えさせられたり。

本当に勝手やわぁ。

なんか、今はやる気のない時なのか、毎日があんまり楽しくない。

誰が信用できるのかわかんなくて、ひとりでぼーっとしてる時間が増えた。

それもあたしが勝手に想像して勝手に避けてるだけなんだけど。

なにがあったってわけじゃない。

でも、空気って言葉よりも本物を伝えてくれる気がするから。

確信はできないけどね。

別に嫌いなわけでもない。

だけど、何か違和感を感じて、いつも一緒にいた人たちといるときに、全然楽しくない。

むしろ、居心地悪い。

原因は全然わかんないけど。

ちょっとずつなんか、歯車が狂ってきたのかな。

寂しいけど、もし狂いっぱなしならしょうがない。

とかって、あっさり(言い方悪いけど)捨ててしまえるのは、たぶんあたしの悪いところだ。

最近わかってきた。

潔いって言えば聞こえはいいけど、要するに、そこまで執着しないんだ。

いい意味でも悪い意味でも。

でも、寂しいのは嘘じゃないし、離れてしまうのは嫌なんだけど。

うーん・・・結局ようわからん。

カオスやな、もう。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »